バラード曲

カラオケで女子に歌ってほしい!バラードな恋愛ソングとは?

sponsored Link

カラオケで女子に歌ってほしい恋愛ソングって何かな??

 

 

1970年生まれの筆者の青春…。

 

高校時代といえば、部活をさぼり、友達カップルとのWデート、トリプルデートといえば、ボーリングビリヤード、そしてカラオケ…。

 

大学時代、ゼミコン、合コン、サークルや部活の後の宴会の後は決まってカラオケ…。

 

 

つまり、カラオケは男女の交流を深める格好の場で、ここから、

数々の恋愛が始まるシーンを筆者自身も体験しましたし、筆者の周囲からもそんなカップルが誕生しました。

 

 

でも、どうして?

ここで恋が始まるのか?

 

 

それは、男の子は女の子を魅了する恋の歌を歌い、それにすっかりメロメロになってしまうから…。

 

逆に、女の子は男の子を魅了する恋の歌を歌い、それにすっかりメロメロになってしまうから…。

 

 

 

つまり、恋の始まりはステキなラブソングが、その炎に火を灯す!なんてことがよくあったりするもの…。

 

 

ということで、今回は

恋の始まりに炎を灯す、素敵なラブソングを紹介してゆきたいと思うのですが…。

 

 

今日の特集は、“カラオケで女子に歌ってほしい!恋愛ソングとは?”

 

つまり、女の子が男の子のハートを鷲掴みにするための、必殺普遍のラブソングを特集してゆきたいと思います。

 

 

さて、女の子が男の子のハートを鷲掴みにする必殺普遍のラブソングの条件とは?

 

1.やはり、に女の子の普段言えないような思いが一杯詰まっている

2.アップテンポより、ミディアムなスローなラブバラード

3.まるで、状況が目に浮かぶような洒落たアレンジ

 

などが条件としてあげられると思います。

 

 

さて、今日の特集から…。

 

カラオケDAMで、カラオケで女子に歌ってほしい!恋愛ソングとは?を知ることができる。

カラオケDAMで、女の子が男の子のハートを鷲掴みにする必殺普遍のラブソングを歌うことができる

カラオケDAMで、もしかすると意中の男性のとの恋が始まるかもしれない。

女の子が男の子のハートを鷲掴みにする必殺普遍のラブソングをデートで歌えば、さらに二人の関係が深まることも予測できる

 

など、様々な効果が発揮されると思われます!

 

 

では、早速、Check!it!

 

 

 

カラオケで女子に歌ってほしいバラードな恋愛ソングはこれだ!!

 

 

松任谷由実 「DOWN TOWN BOY」





 

タイトルと詞の内容から分かるように、この曲はビリー・ジョエルの「アップタウン・ガール」の世界を、富裕層の女性の視点から描いたアンサーソング(answer song)である。

1984年富士フイルム・ビデオテープスーパーHG HiFi、1998年三菱自動車・新型トッポBJのそれぞれCMソングに起用。

アルバム発売CMにも使われた。

また1999年に露崎春女がカヴァー。

<出典:Wikiペディア>

https://ja.wikipedia.org/wiki/NO_SIDE

 

 

家族や兄弟に反対される幼い頃の恋…。

ピュアでナイーブで朴訥とした彼のことを慕う彼女…。

 

この曲が青春のど真ん中だった、筆者はこの曲を女の子に歌われてしまうと、筆者はもう思わず、涙が浮かんで来るくらいの懐かしさを感じてしまいます。

 

 

ミディアムテンポで、歌い易さも抜群!

わかりやすい曲シンプルな曲の構成。

 

 

おぼえやすい曲でもありますので、是非マスターして、青春の甘酸っぱい思い出を表現してみてください

 

 

きっと、男の子は、ハートを射抜かれてしまいます!

 

 

石川ひとみ 「まちぶせ」





 

「まちぶせ」は、荒井由実(現:松任谷由実)が作詞・作曲した楽曲。編曲は松任谷正隆による。

三木聖子への提供曲として作られ、1976年にシングルが発売された。

 

1981年に石川ひとみのカバーシングルが発売され、石川の最大のヒット曲となった。

さらに、松任谷由実本人によるカバーシングルが1996年に発売されており、他にも多くの歌手によって唄われている。

<出典:Wikiペディア>

https://ja.wikipedia.org/wiki/まちぶせ

 

 

この稀代の名ソングの作詞、作曲もユーミン!

やはり、恋愛ソングの魔術師といえばユーミン…。

 

 

随所からユーミンのテーストが伝わってきます。

 

 

行き過ぎればストーカー….。

しかし、思い余る女の子の胸の内をこんなに素直に明かされれば、誰だって、「もう、この子、放っておけない!」という気持ちになるでしょう。

 

 

さほど難易度も高くなく、けれど、音楽性の高いこの曲は憶えやすく歌い易い曲

 

 

ぜひ、マスターしてください!

 

続きあります!

1 2 3
関連記事一覧