アニソン・ボカロ

アニメ声でも上手に歌える!女性がカラオケで歌えるおすすめの曲とは??

sponsored Link

アニメ声でも女性がカラオケで歌えるおすすめの曲って何かな〜??

 

最近、思うのですが…。

 

最近の女性の皆さんの声って、所謂アニメ声=やや甲高く、透明感もあるがともすればキンキンに聞こえ、なんだか幼い声の人って多くありませんか?

 

特に、ある一定の年代より若い世代になると、そういう声の持ち主が多く存在することが、とある統計数値にも明確に示されています。

 

じゃぁ、そんな女性の皆さんはアニソンさえ歌っていればいいかといえばそういう問題でもない….。

 

アニメオタクでもない、アニソンなんて知らないというアニメ声を持つ女性の皆さんも数多く、存在する筈!

 

ということで、今回は、アニメ声を持つ女性の皆さんでも、その声の特性を活かせる、アニソン以外の曲をピックアップして、特集してみたいと思います。

 

 

まず、アニメ声の人の特徴を活かすための選曲の要素とは…。

  • 自分の声の特性を活かすべく、声域の高めの曲にチャレンジする。

 

  • 透明感を活かすべく自分の声質に近いアーティストの曲をレパートリーに取り入れる

 

  • アニメ声の人だって決して音楽性の高い楽曲にチャレンジできないというわけではないので、ポピュラーな音楽性の高い楽曲にもチャレンジしてみる!

ということをおススメします!

 

 

さて今日の特集から、

・カラオケDAMでアニメ声でも上手に歌える!女性がカラオケで歌えるおすすめの曲とは?選曲を知ることができる

・アニソン以外の楽曲を披露することで、周囲の自分に対する認識を変えることができる。

・カラオケDAMで歌える、アニソン以外のポピュラーソングを歌いこなすことができるようになることで、より一層カラオケを楽しむことができるなど、様々な効果や成果が期待できます。

 

是非、今回の特集で取り上げた曲をマスターしていろいろな楽曲にチャレンジしてみてください。

 

 

 

アニメ声でも上手に歌える!女性がカラオケで歌えるおすすめの曲はこれだ!!

 

その1

JUDY AND MARY 「散歩道」

https://www.youtube.com/watch?v=_fbQRTNgAXo

 

「散歩道」(さんぽみち)は、日本のロックバンド、JUDY AND MARYの14枚目のシングル。

1998年(平成10年)2月11日にエピックレコーズよりリリースされた。

フジテレビ系ドラマ「ニュースの女」主題歌。

第49回NHK紅白歌合戦に出場しこの曲を歌った。

 

<出典:Wikiペディア>

https://ja.wikipedia.org/wiki/散歩道

 

ジュディマリといえば、アニメソング、♪“そばかす”で一世を風靡しましたが、アニソン以外の代表曲をここでピックアップ!

 

アニメ声の人の特性である高い音域をここで発揮することができ、更に透明感もいかんなく発揮することが可能なこの曲…。

 

筆者、個人的には、♪“そばかす”よりこの♪“散歩道”のほうがなぜかしっくりくるというのが本音です。

セールス的には♪“そばかす”を下回ったかも知れないけれど…。

 

音楽性も高くメロディアスで、まさに日々の“散歩道”が思い浮かんできそう!

 

どうぞ、この曲をマスターして、愉しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

その2

いきものがかり 「ラストシーン」





 

ラストシーン/ぼくらのゆめ」は、いきものがかりの32作目のシングル。2016年8月24日にソニー・ミュージックレーベルズの内部レーベルであるエピックレコードジャパンから発売された。

前作「ラブとピース!/夢題~遠くへ~」から、メジャー・デビュー10周年記念のベストアルバム『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』の発売を挟んで、約9ヶ月半ぶりに発売された2016年初のシングル。初回仕様限定盤には「いきものカード049」が封入される

オリコンチャートにおける初動売上は、2007年リリースの5thシングル「うるわしきひと/青春のとびら」以来27作ぶりに1万枚を下回った。

東宝配給映画『四月は君の嘘』主題歌。

 

<出典:Wikiペディア>

https://ja.wikipedia.org/wiki/ラストシーン/ぼくらのゆめ

 

今年、2017年1月5日に10周年を区切りとし活動休止(彼らは「放牧」と表現)を宣言したメンバーの皆さんですが、ボーカル&タンバリン吉岡聖恵ちゃんの声、音域は然程高くはありませんし、その幅もそこそこ…。

 

アニメ声の人は余裕で、十分、歌いこなすことのできる楽曲がこの曲といえるのではないか?と。

 

アニメ声の人はこういうスケール感のある抒情的なメロディの曲を避ける傾向にあるのかもしれませんが、こういう曲を歌いこなせてこそ、レパートリーの幅が広がると確信しています。

 

苦手な方も多くいらっしゃるかもしれませんが、是非、この曲にはチャレンジしていただきたいと、筆者は思うのでした…。

 

 

その3

aiko 「カブトムシ」

https://www.youtube.com/watch?v=WMPO5qgm39E

 

『カブトムシ』は、aikoのメジャー通算4作目のシングル。ポニーキャニオンから1999年11月17日に発売。

「カブトムシ」は、TBS『CDTV』1999年12月期エンディングテーマ、フジテレビ『ジョビれば!?』エンディングテーマとしてタイアップされた。aikoは「カブトムシは昆虫では1番強いとされる存在だが、甲羅1枚剥がすだけで柔らかくなって脆くなり、実は寂しい昆虫ではないか」と捉え、自分を守るためでもあるが虚勢を張って恋する自分をカブトムシにたとえて歌っている。

<出典:Wikiペディア>

https://ja.wikipedia.org/wiki/カブトムシ_(aikoの曲)

 

彼女の楽曲は、彼女の同世代及び、彼女より下の世代の女性の皆さんから絶大な支持を受けているように筆者は感じているのですが、それは自分と等身大の女性の姿を切々と歌っていることで、多くの皆さんの支持を得ているからではないかと?感じています。

 

つまり、多くの女性が共感を重ねやすい対象なのではないか?と…。

 

 

彼女の楽曲もさほど音域が広いわけでもないのですが、透明感が高くわりと高音域で勝負してくるので、アニメ声の女性の皆さんが歌うには最適ではないか?と筆者は思うのです。

 

日常に溢れるいつもの時間を何かこうキラキラと光りと潤いのある時間に換えてゆくのが彼女の楽曲の魅力。

 

自分の日常への思いをしっかり重ねながら、心を込めて歌えば、きっと周囲の皆さんに感動を与えることができるでしょう!

 

 

 

その4

Superfly 「愛をこめて花束を」





 

「愛をこめて花束を」(あいをこめてはなたばを)は、Superflyの4枚目のシングル。2008年2月27日に発売された。

メンバーの多保脱退後に発表された初のシングルで、カップリングには先行配信されていた楽曲「愛と感謝」が収録された。初回プレス盤のみデジパックケース仕様となっている。

オリコンチャートでは最高位13位であったものの、音楽配信のiTunes Store総合ダウンロードチャートでは、発売翌週から3週に渡り1位を記録した。また、日本レコード協会認定にて着うたフル75万DL + PC配信(スマホ含む)25万DLとなり、フル配信でのミリオンを達成した。

フジテレビ系列『僕らの音楽』(2008年5月30日放送回)では「Superflyの代表曲」と紹介されている。

<出典:Wikiペディア>

https://ja.wikipedia.org/wiki/愛をこめて花束を

 

正直、この曲は決して音域が高くなくボーカルの越智志帆ちゃんの声も然程高くはなく透明感あふれるというタイプではないのですが、あえてこの曲を選んでみました。

 

アニメ声の人の特徴はミドルやボトムの声にややパンチが足りなく、こういう楽曲を歌いこなすのは苦手かもしれませんが、ミドルやボトムを鍛えるためにも、あえて自分の領域とは異なる楽曲にチャレンジする!

 

カラオケを愉しみ、少しでも歌をうまく歌おうと思えば、そういう努力も必要ということであえてこの曲を!

 

テンポやリズムもやや複雑で、難易度も高い彼らの楽曲ですが、チャレンジする価値は非常に高い

ということで、ぜひ、この曲にトライして欲しいところ!

 

あえて歌ってみてはいかがでしょうか?

 

 

その5

松田聖子 「天使のウインク」





 

「天使のウィンク」(てんしのウィンク)は、松田聖子の楽曲で、20枚目のシングルである。1985年1月30日にリリースされた。

 

アルバム「Tinker Bell」にて楽曲を提供していた尾崎亜美がシングルでは初めて作詞・作曲に起用された。

ダイハツ工業「新シャレード」のイメージソングであった。

 

B面の「七色のパドル」の作詞は小坂明子が手掛けた。このシングルの発売数ヶ月前に松田が『夜のヒットスタジオ』で、小坂の「あなた」を披露し、途中で涙した。

 

<出典:Wikiペディア>

https://ja.wikipedia.org/wiki/天使のウィンク

 

この曲の作曲は尾崎亜美さん。亜美さん自体が、実はアニメ声の持ち主。

という理由で筆者は断然この曲をおススメの一曲とさせていただきました!

 

実に抒情的な静かな出足から、まさかのアップビートへの展開!

 

アニソンはこうしたアップビートの曲が多いですから、アニメ声の女性の皆さんが歌うには最適かと…。

 

更になんといっても、この曲を歌う聖子ちゃんは、昭和、平成を代表するアイドルであり、大スター!誰もが憧れの存在である彼女に歌を歌いこなすことができれば、周囲の皆さんからの支持も絶大に上がるでしょう!

 

透明感も高く高音域のこの曲はまさにアニメ声の女性が歌う、音楽性の高いポピュラーソングとしてはベスト!

すばらしい楽曲であると筆者は認めています!

 

どうぞ、マスターしてみなさんとカラオケを楽しんでください!

 

関連記事一覧