歌いやすい

カラオケで音程・音域が取れない音痴の方でも歌える面白い曲とは!?

sponsored Link

その2

BBクイーンズ 「おどるポンポコリン」





 

「おどるポンポコリン」は、B.B.クィーンズの1枚目のシングル。1990年4月4日にBMGビクター(現:ソニー・ミュージックレーベルズ)から発売されました。

テレビアニメ『ちびまる子ちゃん』の初代エンディングテーマ曲(1990年1月 – 1991年3月)であり、劇場版及び2000年11月-2009年12月、2011年1月-4月、2013年1月-2014年4月はオープニングテーマ曲として使用されました。

 

1990年の第32回日本レコード大賞ポップス・ロック部門を受賞。1990年度のオリコン主催「日本レコードセールス大賞」のシングル部門大賞はB.B.クィーンズ、作詞賞はさくらももこ、作曲賞・編曲賞は織田哲郎と『おどるポンポコリン』がらみが独占しました。

このほかオリコンシングルチャートでは、1990年6月18日付にてベスト10圏内に初登場、以降週間1位を7度獲得し、同年9月24日付にて100万枚を突破!

 

<出典:Wikiペディア>

https://ja.wikipedia.org/wiki/おどるポンポコリン

 

 

90年代以降、お茶の間を沸かせたテレビアニメ『ちび丸子ちゃん』のエンディング曲として一世を風靡して以来、多くのカラオケファンに歌い継がれた色モノ歌謡の代名詞。

 

 

実は筆者、高円寺で、B.Bクィーンズのボーカル&ギター、近藤房之介さんとの交流もあるのですが、房さんは、一度、紅白出演を辞退したかったけれど叶わず、仕方なく、筆者の住まい高円寺にあるとあるLIVEハウスから、カウントダウンライブ前に、中継で登場したという逸話をもっており、いかに、B.Bクィーンズのメンバーであり、色モノ歌手である自分が嫌だったかということを示しておられました…。

 

 

とはいえ、この曲、誰もに支持され、愛される、ハッピーソングの代表曲!

 

 

この曲を選べば、相当数のカラオケ仲間の皆さんが喜んでくれる筈!

 

絶対に場が楽しくなる曲なので、レパートリーの1曲に加えてください。

 

 

その3

修二と彰 「青春アミーゴ」

https://www.youtube.com/watch?v=0OpIu2QlKGo

 

「青春アミーゴ」(せいしゅんアミーゴ)は、日本の男性アイドルユニット、修二と彰のシングル。日本・スウェーデン・台湾で発売された。スウェーデンの作家チームとのコラボレーションによる共同制作されました。

 

テレビドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)で共演した亀梨和也 (KAT-TUN) と山下智久 (当時NEWS) による期間限定ユニット・修二と彰の最初で最後のシングル。発売当時、亀梨はCDデビューしておらず、本作が初のCDとなりました。

日本国内での累計売上は162.6万枚(オリコン調べ)。累計出荷枚数は200万枚を突破した!スウェーデン・台湾では通常盤のみの発売でした。

<出典:Wikiペディア>

https://ja.wikipedia.org/wiki/青春アミーゴ

 

 

もうしわけありませんが…。

 

ジャニーズ所属の皆さんの中で、筆者が歌が上手いと思った人は誰もいません。

 

 

つまり、ジャニーズは音痴の集団!

 

 

世の男性諸君、歌なんかうまくなくてもルックスさえよければ、生きていけます!

今は美容整形の技術も進化!生きるすべは幾らでもあります!

 

 

さて、この楽曲、ホストまがいのお二人でも歌えてしまうほどの、チープな楽曲

 

正直、男女問わず誰でも歌えてしまうのがこの曲。

 

 

ノリとテンポだけキープすれば、いい意味で後は適当に歌えます。

然程、音楽性も必要とされず、センスも必要なし!

 

 

安心して歌えるこの曲を、是非、マスターして、まるで色モノ歌謡のようなノリを醸しましょう

 

 

その4

Re:Japan 「明日があるさ」

https://www.youtube.com/watch?v=H6wZ1WjHsyA

 

Re:Japanが1枚目のシングルとして2001年3月28日にavex traxよりリリースしたカバー。リミックスシングルも発売されています。

歌詞は、坂本九が歌ったオリジナルの「明日があるさ」に、オリジナルの作詞者である青島幸男さんが新たに歌詞を追加しました。1番・2番・5番・7番・11番・12番はオリジナルの歌詞が使われています。

 

日本テレビ系テレビドラマ『明日があるさ』の主題歌となりました。Re:Japan同様にこの曲をカバーしたウルフルズがコラボレーションし、大晦日の『第52回NHK紅白歌合戦』にも初出場しました。

 

<出典:Wikiペディア>

https://ja.wikipedia.org/wiki/明日があるさ

 

え~、この曲で4番を担当するメンバーの山田の花ちゃん…。

 

もう、ぶっちゃけ、大音痴彼女がこれだけかましてくれたら、誰だって、おおでを振って、この曲を選ぶことができます。

 

 

4番をリピートして、音痴な方はぜひ、自分の自信を取り戻してください!

 

 

この曲を歌いこなすのに、コツもヘチマもありません!

ただただ、楽しく、歌うだけ!

 

 

他のメンバーをみても、「1番 – 浜田雅功さん」、「2番 – ココリコのお二人」、「3番 – 東野幸治さん」、「5番 – 浜田雅功さん・ココリコさん・東野幸治さん・山田花子さん」、「6番 – ロンドンブーツ1号2号」、「7番 – 藤井隆さん」、「8番 – 間寛平さん」、「9番 – 花紀京さん」、「10番 – 松本人志さんと一部、浜田雅功さん」、「11番 – ダウンタウンのお二人」と、どうみてもこの中で歌が上手いのは藤井隆さんだけ。

 

 

自信をもって歌ってください!

 

 

その5

ピコ太郎 「PPAPPen-Pineapple-Apple-Pen Official)」





 

「ペンパイナッポーアッポーペン」(英: Pen-Pineapple-Apple-Pen、略称:PPAP(ピーピーエーピー))は、古坂大魔王さんする「謎の千葉県出身シンガーソングライター」たるピコ太郎(ピコたろう)さんが、2016年(平成28年)8月25日(JST)に動画投稿サイト「YouTube」上に発表した動画作品・楽曲。

YouTubeで公開された動画『PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen Official)[6の再生回数は、2016年10月4日の時点で1900万回を超えました。10月5日には5000万回に達したとも報じられました。

 

10月7日には、配信元レコード会社の談として、全世界のサイトをまとめると2億回を突破したと報じられ、YouTubeの週間再生回数ランキング(2016年9月30日~10月6日集計)において、アリアナ・グランデらを抑え1位を記録しました。

 

<出典:Wikiペディア>

https://ja.wikipedia.org/wiki/ペンパイナッポーアッポーペン

 

 

2016年、お茶の間を騒然とさせ、話題No.1となった曲と言えばこの曲!

 

 

ピコ太郎さんの奇抜なアイデアとそのキャラで歌われたこの曲は、2016年最大の話題の曲といっても過言ではないでしょう!

 

 

とにかく、この曲も、歌いこなすポイントなんて皆無!

 

本当に面白く、楽しい曲なので、そのまんまガイドメロディにのせて歌ってください!

 

 

2016年の楽しさの総集編と、2017年の楽しい年の幕開けをこの面白い曲でどうぞ!

 

続きあります!

1 2 3
関連記事一覧