デュエット

【男性必見】カラオケで盛り上がる洋楽デュエット曲とは!?

sponsored Link

カラオケ男性が歌うと盛り上がる洋楽デュエット曲って何かな〜??

 

 

さて、いよいよ男性にとって、年始最初の大きなイベントといえば、バレンタインデー!

 

 

バレンタインデーに意中の女性から、愛あるチョコレートを受け取ることができ、2017年を幸ある時間を過ごすためには、2月14日に向けての種まきを万全にすすめなければなりません

 

 

となると、意中の女性をカラオケに誘い、好感度を高めるためにはデュエット曲を一緒に歌い、盛り上がることが必須!

 

 

が、しかし!

単なるデュエット曲を歌ったところで、お相手の印象に残ることなどありません…。

 

 

となると、ここはひねりを利かせて、洋楽のデュエットソングを選曲することをおススメします!

 

 

仮に洋楽のデュエット曲を上手に歌えることができたとするならば…。

 

  • 音楽性の高い洋楽の楽曲を歌えることで、歌の上手い人、音楽性の高い人という評価を得ることができる
  • 更に洋楽で英語の歌詞を歌いこなせるようになれば、知的好奇心の高い、博学のある男性としリスペクトを受けることに繋がる
  • 特に相手が歌の上手い、洋楽の歌える、音楽性の高い女性の場合、同等もしくは格上の男性としてのステイタスを認められ、付き合った後もいい関係を構築することができる。

 

など、意中の女性との発展的な関係が臨めると思えます。

 

 

さて今日の特集では、

・カラオケDAMで歌える、【男性必見】カラオケで盛り上がる洋楽デュエット曲とは!?を知ることができる。

・カラオケDAMで歌える、カラオケで洋楽のデュエット楽曲を歌うことで意中の女性のハートを射止めることができる可能性が高まる。

・意中の女性と盛り上がることで、その後の関係がばら色になる可能性がある

など、実りある時間を迎えることができるやもしれません!

 

 

是非、参考にしてください!

 

 

それでは紹介していこうと思います!!

 

 

 

カラオケで男性が歌うと盛り上がる洋楽デュエット曲はこれだ!!

 

その1

Joe Cocker & Jennifer Warnes 「愛と青春の旅だち」

 

1982年のアメリカ映画、テイラー・ハックフォード監督、リチャード・ギア主演の「愛と青春の旅立ち」の主題歌

 

 

とにかくこの映画はオーバー45世代にとって空前のヒット映画であり、名画として誰もの記憶に燦然と輝く、名作。

 

 

ジョー・コッカーとジェニファー・ウォーンズのデュエットで歌いあげられたこの曲も同様に、オーバー45世代にとって忘れ得ぬ名曲!

 

実にメロディアスで音楽性が高く、張りのある二人の曲を歌いこなすには相当な自身の音楽性が必要

 

 

この曲を歌いこなすことができれば、一目置かれること間違いなし!

 

 

壮絶なラブストリーである映画の主題歌であるとおり、この楽曲も二人の盛り上がる情熱的な愛を歌い上げる内容になっているすばらしい楽曲。

 

 

とにかく難易度の高いこの曲を熱く、激しく情熱的に歌い上げることが最大のポイント

 

 

リズムをキープし互いに息をあわせ、しっかり歌い上げれば盛り上がること間違いなし!

抑えておきたい1曲です!

 

 

その2

Whitney Houston & Jermaine Jackson 「Take Good Care Of My Heart」

 

ホイットニーが1984年に発表したアルバム「そよ風の贈り物」に収録されている楽曲で、鈴木聖美&雅行兄弟デュオで歌われた、♪“ロンリーチャップリン”の原曲とも噂される楽曲。

 

まず、ホイットニーの発表したアルバム、「そよ風の贈り物」は日本のオリコンLPチャートでは、初回盤LPが76週チャート・インして最高4位を記録した大ヒットアルバムで、筆者世代以上は青春のアルバムであり、誰もが学生時代にクルマでかけ、みんなハミングしていました。

 

 

特にいかした当時のカップルは海辺や高速道路を疾走しながら、この曲を二人で歌ったもの。

 

 

野太いジャメインの声を再現するのはなかなか難しいものですが、この曲をうまく歌いこなすことができれば、その評価は確実に上がります!

 

 

リズムをキープしピッチを守りながらマイルドに歌い上げることで「やさしく心に届く!」歌が歌える筈!

 

ぜひ、マスターして、彼女のハートをゲットしてください!

 

 

その3

Mike Reno & Ann Wilson 「Almost Paradise」

 

筆者中学時代の1984年に上映された映画「フットルース」のサントラ・アルバムに収録された珠玉のデュエットバラード!

 

やはり大ヒット映画の主題歌やサントラに収録されたデュエットのラブバラードはカラオケでも多くの人に歌い継がれ高い支持と人気を得ています!

 

 

とにかくこの曲も美しいメロディラインが印象的な本当に美しい楽曲。

 

 

この曲を歌いこなすことができれば音楽性の高さが認められるだけではなく、多くの女性の好感と好意を得ことは間違いなし

 

 

ピッチを守りしっかり丁寧に歌い自分の音楽性の高さをしっかりアピールしましょう!

 

きっとその後、お二人の極上の時間が待ってます!

 

 

その4

Diana Ross & Marvin Gaye 「You Are Everything」

 

アメリカで最も成功した黒人女性歌手の一人であり、

ブラックミュージック界の大御所であるダイアナ・ロスと「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第6位

ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第18位

『Q』の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第6位に選ばれた偉大なシンガー、マーヴィン・ゲイによる二人の大ヒットデュエットソング。

 

 

この二人のシンガーを知らない人など誰もいないと言われているほど、有名な二人が歌う至極のラブバラード

 

 

非常にメロディアスで、互いのミドルの音域でコーラスを重ねあうという、かなり音楽性が高く実力のある二人しか歌いこなすことのできない超難易度の楽曲!

 

つまりこの曲を、息をあわせぴったり歌い合わせることができる二人であれば、愛が高まる予感もどんどん高まります!

 

 

やはり黒人シンガーである二人が歌う独特ソウルテイストを実現させることができるのは、互いの音楽性の高さの証!

 

 

かなり難易度も高く音楽性も高くリズムもノリも難しい曲ではありますが、なんとかクリアしものにしたい楽曲でもあります!

 

 

その5

Diana Ross&Lionel Richie 「Endless Love」

 

1981年ヒットチャート第1位に燦然と輝いた伝説のバラードソング。

 

男性歌手、ライオネル・リッチーは、コモドアーズ脱退後ソロ活動に挑んだのですが、この曲でダイアナ・ロスと競演し、更に♪“オールナイト・ロング”♪“ハロー”で、一躍スターダムへ!

 

 

永遠の愛を誓い合うこの曲は、結婚披露宴で多く流れているのを筆者も何度も耳にしました

 

 

カラオケDAMでも多くのカップルに歌い継がれ多くの人に愛され支持を受けるこの楽曲を、筆者はナンバー1のデュエットソングとしてイチオシしたいと思います。

 

 

とにかくこの曲を自らのものとして、意中の女性と一緒に歌えるとするなら、その後、互いの永遠の愛を確かめ合うことができるかもしれません!

 

 

是非、この曲を歌えるよう、徹底的に練習を積んでみてはいかがでしょうか?

 

 

その6

Paul McCartney and Michael Jackson 「Say Say Say」

 

この曲は1983年ポール・マッカートニーとマイケル・ジャクソンが発売したシングル曲であります!

 

とてもリズミカルな感じの曲ですよね^ ^

 

 

清々しさを感じられるメロディーとなっており、聞き心地のいいリズムですので、聴いていると、自然と爽やかな気分になれる曲だなと思いました!

 

 

歌ってみると、さらに明るい印象を与えられるかと思います(^o^)

 

 

プロモーションビデオを見てみると、楽しげな日常の雰囲気を描いた作りになっているので、曲調の明るさと合わせて作られているなと感じました!

 

 

実際にカラオケに行った際に、この曲を選曲すれば、デュエットしやすい曲ですので、非常に盛り上がり楽しい気分を作ることができると思います!

 

是非、歌ってみてください(^o^)

 

 

その7

Paul McCartney and Michael Jackson 「The Girl Is Mine」

 

この曲は1982年ポール・マッカートニーとマイケル・ジャクソンが発売したシングル曲であります!

 

とても落ち着いた感じの曲ですよね^ ^

 

 

全体的に綺麗なメロディーラインで構成されており、優しげな印象を感じられるので、聴いていると、自然とリラックスした気分になれる曲だなと思いました!

 

 

歌ってみると、さらに穏やかな印象を与えられるかと思います(^o^)

 

 

また、所々でセリフのような歌詞が入っているので、かっこよさも感じられます!

 

 

実際にカラオケに行った際に、この曲を選曲すれば、デュエットして歌っても落ち着いた雰囲気で歌うことができ、カラオケの雰囲気をよくできるかと思います!

 

是非、歌ってみてください(^o^)

 

 

その8

Joe Cocker & Jennifer Warnes 「Up Where We Belong」

 

この曲は1982年ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズが発売したシングル曲であります!

 

とても綺麗なバラード曲ですよね^ ^

 

 

全体的にピアノの音が曲調とマッチして綺麗な雰囲気を作り出しており、安定感のあるテンポですので、聴いてると、自然と心が癒される曲だなと思いました!

 

 

歌ってみると、さらに綺麗な印象を与えられるかと思います(^o^)

 

 

また、1982年公開の映画愛と青春の旅だち』の主題歌でもあり、映画の内容と曲調の雰囲気が見事に合っているなと感じれますよね!

 

 

実際にカラオケに行った際に、この曲を選曲すれば、カラオケの雰囲気を暖かいものにできる曲ですので、楽しめるかと思います!

 

是非、歌ってみてください(^o^)